So-net無料ブログ作成
検索選択

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

顔汗 止める 薬 [顔汗 止める]

「顔汗 止める 薬」

顔汗があまりひどいと、効果的な薬を探したくなります。

何とか止めないと・・・

例えば、集まりがある場合とか、クラス会や合コン、友人との食事会etc

そんな時にダラダラ汗をかきたくはないですね。

でも、薬って心配な気がしますが、

病院でも出してる顔汗を止める薬があるんです。



それは、「プロバンサイン」という薬です。
多汗症の薬の中で唯一認定されていて、病院でも治療薬として使われています。

抗コリン作用という抑制効果があり、アセチルコリンという物質の動きを抑制してくれます。
これで、一時的に汗が出るのを抑えてくれるんです。

この薬が一番即効性がある制汗剤で、出てほしくない一時間前に服用すると、大事な時間には止まっているという即効性があります。

この服用は、全身の汗を抑えてくれるんです。

ただ、薬局で購入はできません。

これは、病院で処方箋が必要な薬なんです。


ただ、病院を間違えると多汗症を病気と認定してくれなく、
病気と診断してくれない可能性もあるんです。

診察は、皮膚科や精神科、神経科、心療内科などが適切かと思いますが、
気が重くて受診が気が進まない方は、

プロスパス (Prospas) という薬が、プロバンサインと同じ有効成分ですので、多汗症の方にリピーターが多い品なんです。


プロスパスに含まれる有効成分「プロパンテリン」が神経伝達物質アセチルコリンの働きを遮断し、汗が放出される量を抑えてくれます。

◆用法 通常、成人には1回1錠(プロパンテリン臭化物として15mg)を1日3~4回経口投与する。 なお、年令、症状により適宜増減する。

取扱いのプロスパス(プロパンテリン)は専門機関の成分鑑定を受けているので安心して服用できます。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。